必要な資格

未分類

パイロット官公庁や民間企業が就職先候補になるヘリコプターのパイロットですが、実際に就職するには免許を取得しなければいけません。ヘリコプターの操縦をするための免許は大きくわけて2種類あります。一つは趣味で操縦するために必要な資格、もう一つは仕事で操縦するために必要な資格です。パイロットとして就職を希望する人に必要な資格は、いうまでもないことですが後者です。

趣味で操縦するために必要な資格は自家用操縦士免許といいます。これに対し、仕事で操縦するために必要な資格のことは事業用操縦士免許といいます。自家用操縦士免許だけ取得していても、仕事でヘリコプターを操縦することはできません。

事業用操縦士免許を取得するために必要な資格に関してですが、高校卒業以上でなければいけません。免許を受けるには18歳以上でなければいけませんし、自家用操縦士免許を取得していることも条件の中に含まれています。自家用操縦士免許と事業用操縦士免許は、両方とも国土交通省管轄の国家資格です。なお、自家用操縦士免許と事業用操縦士免許は、航空特殊無線士または航空無線通信士の資格を取る必要もあります。事業用操縦士免許の取得までには多くの時間、操縦練習と座学をこなし、学科や実地の試験を突破しなければいけません。

ヘリコプター免許と仕事

未分類

電卓ヘリコプター免許を取得することにより、免許を活かした仕事に就くチャンスがあります。ヘリコプター免許を持っている人の活躍の場としては、官公庁や一般企業をあげることができます。免許取得者が就職した場合には、1,000万円前後の年収を獲得できるところもあり、免許の取得には国内の場合は400~1,000万円ほどの費用がかかることが多いのですが、多額の費用を投じても1年あまりで十分に回収することが可能です。

ヘリコプター免許を持っている人の就職先として官公庁があると述べましたが、一口に官公庁といってもさまざまです。海上保安庁、国土交通省、警察、消防庁など、仕事に就けるチャンスがあります。このような官公庁で持っているヘリコプターを操縦することになり、平常時の公務だけでなく、消防防災ヘリ、ドクターヘリといった緊急時に飛ぶヘリコプターの操縦をする仕事があります。いわゆる公務員パイロットとして働く道がこれにあたります。

官公庁のほかには一般企業でヘリコプターを操縦する仕事に就けるチャンスもあります。災害が発生した際などにテレビ局が手配する民間のヘリコプターのパイロットとして働くチャンスもありますし、ドラマや映画の撮影、災害時の被災状況の確認などのために航空撮影をするヘリコプターのパイロット、災害対策用の物資や人員輸送をするヘリコプターのパイロット、さらには遊覧飛行、タクシーのように移動のために使用するチャーターフライトなど多岐にわたります。民間企業が独自に保有しているヘリコプターの専属パイロットになるという選択肢もあります。