必要な資格

未分類

パイロット官公庁や民間企業が就職先候補になるヘリコプターのパイロットですが、実際に就職するには免許を取得しなければいけません。ヘリコプターの操縦をするための免許は大きくわけて2種類あります。一つは趣味で操縦するために必要な資格、もう一つは仕事で操縦するために必要な資格です。パイロットとして就職を希望する人に必要な資格は、いうまでもないことですが後者です。

趣味で操縦するために必要な資格は自家用操縦士免許といいます。これに対し、仕事で操縦するために必要な資格のことは事業用操縦士免許といいます。自家用操縦士免許だけ取得していても、仕事でヘリコプターを操縦することはできません。

事業用操縦士免許を取得するために必要な資格に関してですが、高校卒業以上でなければいけません。免許を受けるには18歳以上でなければいけませんし、自家用操縦士免許を取得していることも条件の中に含まれています。自家用操縦士免許と事業用操縦士免許は、両方とも国土交通省管轄の国家資格です。なお、自家用操縦士免許と事業用操縦士免許は、航空特殊無線士または航空無線通信士の資格を取る必要もあります。事業用操縦士免許の取得までには多くの時間、操縦練習と座学をこなし、学科や実地の試験を突破しなければいけません。