ヘリコプター免許と仕事

未分類

電卓ヘリコプター免許を取得することにより、免許を活かした仕事に就くチャンスがあります。ヘリコプター免許を持っている人の活躍の場としては、官公庁や一般企業をあげることができます。免許取得者が就職した場合には、1,000万円前後の年収を獲得できるところもあり、免許の取得には国内の場合は400~1,000万円ほどの費用がかかることが多いのですが、多額の費用を投じても1年あまりで十分に回収することが可能です。

ヘリコプター免許を持っている人の就職先として官公庁があると述べましたが、一口に官公庁といってもさまざまです。海上保安庁、国土交通省、警察、消防庁など、仕事に就けるチャンスがあります。このような官公庁で持っているヘリコプターを操縦することになり、平常時の公務だけでなく、消防防災ヘリ、ドクターヘリといった緊急時に飛ぶヘリコプターの操縦をする仕事があります。いわゆる公務員パイロットとして働く道がこれにあたります。

官公庁のほかには一般企業でヘリコプターを操縦する仕事に就けるチャンスもあります。災害が発生した際などにテレビ局が手配する民間のヘリコプターのパイロットとして働くチャンスもありますし、ドラマや映画の撮影、災害時の被災状況の確認などのために航空撮影をするヘリコプターのパイロット、災害対策用の物資や人員輸送をするヘリコプターのパイロット、さらには遊覧飛行、タクシーのように移動のために使用するチャーターフライトなど多岐にわたります。民間企業が独自に保有しているヘリコプターの専属パイロットになるという選択肢もあります。