免許取得までのステップ

未分類

仕事としてヘリコプターを操縦するには、事業用操縦士免許を取得しなければいけません。免許取得までには長い道のりになり、多額の費用がかかりますが、パイロットになる夢が叶うだけでなく高収入が期待できるため、パイロット免許を取得すれば苦労は報われます。

事業用操縦士免許を取得するまでのステップですが、まず無線の免許を取らなければいけません。そして操縦の訓練を受けるための許可書を国土交通省に提出し、さらに健康面に問題がないか身体検査を受けます。ここまでで問題がなければ操縦練習を行なうことが可能です。

そのあとはまず、自家用操縦士免許の取得を目指します。スクールで操縦練習と座学を必要時間数受講し、学科試験と実地試験を受験します。すべて合格すれば、ひとまず自家用操縦士免許の保持者になれます。

学校自家用操縦士免許の取得後には、さらなる操縦の経験を積み、日本事業用操縦士の学科試験と実地試験に挑戦することになります。これらの試験をクリアすることによって、事業用操縦士免許の保持者になるという目標が達成されたことになります。

パイロット免許の取得後は就職活動を行ないます。公務員パイロットになるのか民間企業のパイロットになるかは自由ですが、少しでも有利な要素があったほうがいいと思う人は、就職率の高いスクールに通うことを検討すると良いでしょう。

免許取得を目指せる学校

未分類

ヘリコプター免許の取得を目指せる学校は、日本国内だけにあるわけではありません。海外の学校に通うことによって、免許の取得を目指すことも可能です。日本で取るのか海外で取るかは個人の自由ですが、どちらが自分に合っているかを決めるため、両方の特徴を理解しておくことが大切です。

キャリーまず、日本の学校の特徴ですが、ビザなど渡航のための手続きが不要で、たとえば米国の学校に通う場合には英語力といった具合に、語学力が要求されることもありません。しかしながら、海外の学校に通う場合より多額の費用がかかる場合が多く、海外は滞在費を入れて350万円前後が相場とされていますが、国内で取る場合には倍以上のお金がかかることもあります。また、海外の学校に通って取得を目指す場合より免許取得まで時間がかかること、試験の難易度が高いことが難点としてあげられます。

一方、海外の学校の特徴ですが、国内よりお金がかかりにくいこと、短期間で取得を目指せること、試験の難易度が比較的低いことが魅力ですが、渡航手続きや語学力が要求される点が難点です。また、海外で取った免許は国内免許への切替が可能ですが、その際には追加で試験を受けて合格しなければいけません。